柏市 T様邸 屋根カバー工法・外壁塗装リフォーム事例

お客様のご要望 屋根のコケや色あせを気にされ今後メンテンスの必要がないカバー工法でリフォームしたいと、コンフォルトのホームページを見てお問い合わせをいただきました。
  柏市 T様邸 屋根カバー工法・外壁塗装リフォーム事例

施工事例データ

住所 千葉県柏市
施工箇所 外壁 屋根 雨樋 ベランダテラス
施工内容 屋根カバー工法・外壁塗装・雨戸塗装・軒天塗装・雨樋交換・サイディング目地シーリング打ち替え・テラス屋根取り付け
費用 300万円
工期 約3週間
使用商材 屋根:LIXIL Tルーフクラシック 外壁:日本ペイント ファインシリコンフレッシュ
ご提案内容 既存屋根のコロニアルは、色あせやコケなどの経年劣化は目立ちましたが、雨漏りや下地の状態に問題がなかったため既存屋根材の上から被せるカバー工法で施工しました。外壁は、サイディング目地シーリングのひび割れや剥がれなどの所見があったため、目地のシーリングはすべて打ち替えを行った後にシリコン樹脂塗料で塗装しました。また、Tルーフクラシックは瓦調のデザインで既存のコロニアルよりも屋根に厚みがあるため、雨樋も角型のセキスイ・シグマ90に交換しました。
施工前はこちら
コンフォルトによる施工中の様子
施工が完了しました

屋根カバー工法と外壁塗装の完成です。屋根コロニアルの色あせやコケを気にされ、今後メンテンスの必要がない屋根材がリフォームしたとご希望でした。今回は既存屋根材の上から重ねてカバー工法で、使用した屋根材は超軽量で表面には天然石が吹付けしてあるLIXIL・Tルーフクラシックです。Tルーフクラシックは瓦調のデザインで屋根に重厚感があり、落ち着いた屋根になりました。また、Tルーフは表面に天然石が吹き付けてあり、塗り替えなどの定期的なメンテンスの必要もなく、長期間に渡り安心な家になりました。

 

 

日々更新中