我孫子市 K様邸 屋根カバー工法・外壁塗装リフォーム事例

お客様のご要望 屋根のコケや色あせを気にされ今後メンテンスの必要がないカバー工法でリフォームしたいと、コンフォルトのホームページを見てお問い合わせをいただきました。
  我孫子市 K様邸 屋根カバー工法・外壁塗装リフォーム事例

施工事例データ

住所 千葉県我孫子市
施工箇所 外壁 屋根
施工内容 屋根カバー工法・外壁塗装・雨戸塗装・軒天塗装・サイディング目地シーリング打ち替え・ベランダ床のシート防水
費用 240万円
工期 約3週間
使用商材 屋根:ディーズルーフィング ディプロマット 外壁:日本ペイント UVプロテクトクリヤー
ご提案内容 既存屋根のコロニアルは、色あせやコケなどの経年劣化は目立ちましたが、雨漏りや下地の状態に問題がなかったため既存屋根材の上から被せるカバー工法で施工しました。使用した屋根材は、ディーズルーフィングのディプロマット。ディプマットは石粒付き屋根材の中でも一般的なガルバリウム鋼板屋根材と価格帯が変わらず、塗り替えなども必要ありませんのでおすすめの屋根材です。
新築時のベランダ床FRP防水のトップコートの剥がれが多数見られ、上からトップコート塗装することが出来なかったため、シート防水を新たに施工しました。
施工前はこちら
コンフォルトによる施工中の様子
施工が完了しました

 

屋根カバー工法と外壁塗装の完成です。屋根コロニアルの色あせやコケを気にされ、今後メンテンスの必要がない屋根材がリフォームしたとご希望でした。今回は既存屋根材の上から重ねてカバー工法で、使用した屋根材は超軽量で表面には天然石が吹付けしてあるディーズルーフィングのディプロマットです。このディプロマットは、石粒付き鋼板屋根材の中でも廉価でありながら、メーカー保証が30年付きと安心です。 外壁は既存の意匠系サイディングの模様を生かした、クリヤー塗料の日本ペイントのUVプロテクトクリヤーで塗装しました。

 

 

日々更新中